スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたがコミケのお礼

コミケに来てくださった方々、ありがとうございます。

以前当サークルで頒布した総集編をボロボロになるまで読み、
新しく買いに来たという方がいらっしゃいました。
作者冥利に尽きるというものです。本当にありがとうございました。

自分のサークル「日向丘」はTYPE-MOONの「月姫」という作品の二次創作をしておりますが
2006年の冬に小説を書き始め、早いもので4年が経ちました。
月姫の、それも「浅上女学院」の後日談を主軸においている小説が
まさかここまで需要があるとは思いませんでした。

まだしばらくの間は月姫の、浅上女学院を舞台にした小説を書いていきます。


■コミケ79で頒布した「籠の中の鳥」について
 この作品は「浅上女学院八不思議奇譚」よりも前、
 歌月十夜の「待宵閑話」の5ヵ月後を舞台にしています。
 本編では寄宿舎の改修工事しか触れられていませんでしたが、勝手に校舎も新しくなっちゃってます。

 この作品では、小説で「音楽」をどう表現するかを色々と模索しながら書きました。
 後半の「シューベルトピアノ即興曲第3番」(ちなみに作品90の方です)は
 自分はこんな感じに聞こえる…とイメージして書いています。
 聴く人によってはまったく違う印象かもしれませんが。好きな曲なので是非聴いてほしいですね。
 一番初めに買ったクラシックのCDがこれだったので。どこで初めて聞いたのか覚えてませんが。
  
Schubert;4 Impromptus Op90Schubert;4 Impromptus Op90
(1989/10/19)
不明

商品詳細を見る



あ、前使っていたほWebSiteの契約が満了するみたいなので今月まで閲覧できます。
浅上女学院八不思議奇譚(上)
……たぶん初版だね。ちなみに総集編に書いたのは第三版になります。
実は上巻は重版しているんですよ。初版と第二版の両方もっている人がいたら結構凄い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山科

Author:山科
小説書いてます。
浅上女学院の二次創作ですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。