FC2ブログ

巷では色々とバグとか不具合とか言ってますが

IS04を使ってちょっと困った話でもしましょうかね。


何だかんだ使い慣れてきたIS04です。

Ks Launcherが非常に使いやすく、ドロワー表示をこれに切り替えてます。
ホームはADWで、この二つを使い分けると中々スタイリッシュ。
(ただKsはタブレットの方がより真価を発揮するようなきがしましたが)

さて、そんなことはさてより
やたらとフリーズしたり再起動したりするんですよねぇ。
ブラウザがロード中に応答停止になったり…お前はIE4かよ!ってな具合に。
縦横の向きを可変にするとより落ちやすい気がするんですけど、気のせいですかね?

あと、頻繁に3G通信が途切れるとか、そういう仕様なのかな。
たまにではなく、結構頻繁におこるのは困り者です。


で、再起動の話ですが
この前Endomondo(距離測定ソフト、スポーツの記録をとるツール)を使用しながら
軽く、30分程度ジョギングをしていたんですが。
左手にiPodTouch、右手にIS04を持って走っていたら、なんかIS04再起動しやがりますのね。
手に持ちながらジョギングすると落ちる。
ポケットに入れていると落ちない。

これは……いったいどういうことなんだってばよ!

恐らく、定期的にシェイクし続けると落ちるような気がしてきました。
ちょっとジョギング以外で試したことがないので何ともいえないですが、
あんま片手に持って出歩かない方がいいかと、そう、感じた今日この頃です。


……しょっぱすぎる!
一度だけじゃなく、
なんどもってのがね、どういう構造してんだろ。
スポンサーサイト

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

IS04の充電について

電池消耗の話は以前にしましたので、今度は充電についてのお話。

フル充電までは大体2時間程度と言われていますが、
おそらくそれは、アプリやらバックグラウンドのタスクを
動かしていない状態ではないかと思います。

7時30分に起床して、23時ぐらいに帰宅した段階で
電池残容量は…えーっと、2%でした。まあそれはおいといて。
そこから充電を始めていますが、途中充電しながら
ちょこちょこいじっていたりしたんですが
それでも2時間で半分ぐらいしか終わっていませんでした。

急速充電とかそういう機能つけてくれればよかったのになぁ。



さて、充電のお話ですが、ご存知のとおりIS04にはクレードルがついていません。
T-01Cのような、側面に電源の接触部分がないからです。
クレードルは確かに便利なんですけど、いちいちケース外して充電するのって
面倒な気がするんですけど、どうなんでしょうね。
わたしは別に要らないかな、と思っているんですが。

ガラケーのようなクレードルにUSB端子がついているのならまだしも、
IS04には直でパソコンとUSBで接続できますしね。

IS04は他のスマートフォンと同様にMicroUSBです。AB両対応なので汎用性はありそうですね。
意外と1000円程度と安価なのでスペアとしてもうひとつ、
手元にもっておくといいかもしれません。



テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

android twitterクライアントのお話

Twitterクライアントの「Twidroyd」などなどを利用していた人に影響があった事件がありました。
クライアントソフトのいきなりの凍結──っ!
マーケットのレビューに書かれる罵詈雑言の嵐……。
はてさて、その真相は──!



突然ツイートが取得できなくなって、
英文が表示されたのに戸惑った人も多かったんじゃないでしょうか。

こちら ITmediaに記事がありましたので、なんでそーなったのかを知りたい人は是非どうぞ。
Twitter、「UberTwitter」などへのアクセス凍結を解除

すでにandroidマーケットでは修正したクライアントソフトが出ていますので
アップグレードしていない方はお早めに。


さて、TwitterクライアントソフトのTwidroydが使えない間に色々と他のクライアントも
導入してどんなもんやら……と触っていました。

まあどれも似たり寄ったりなんですけど、どれも完璧なものってのはないわけで。
結局、Twidroydに戻ってしまいました。これがやっぱり一番直感的に使えるような気がするんです。
個人的に、ですけど。

そういやバージョンアップして、「更新」と「つぶやき」のボタンが大きくなりましたね。
微妙な差ですけど、これ以上大きくなると画面上部をヘッダで占めてしまうので
ギリギリの大きさってトコなんでしょう。
ただTwidroydは更新チェックの機能をつけておくとものすごい勢いで電池を消耗します。
設定でオフにすることもできますが、使用しているユーザーは気をつけましょうね。

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

IS04のお話。直感的動作

これはIS04に限らず、Android全般に言えることだと思うんですが。
どうも操作が直感的ではないような気がするんですよね。

iPhoneやiPodTouchに「戻る」という物理キーが付いていないからかもしれませんが
「戻る」時は画面を右側か左側にスライドするのが普通じゃないかって思うんです。

常用している「K-9 Mail」でも、上位のフォルダに戻るときは
「メニュー」⇒「フォルダ一覧」の手順を踏まないといけません。
「戻る」物理キーを押した場合、一番トップに行きます(これはまあいいんですが)
なんか使い勝手が悪いように感じるんですよね。

……携帯の基本機能としてのメールや電話、電話帳についてはもう少し、
ツールやらアプリを推敲したいと思います。



あ、そうだ。
標準の「機能」に画面の向きを制御するチェックボックスがあるんですけど
これ、どうにかなりませんかね。アプリ側も強制的にこれに従わなくちゃなりませんでしょう?
個別で、デスクトップは「制御する」、ブラウザは「制御しない」とかに出来ないですかね。
トップのデスクトップ、あまり横向きでの操作を行いたくないので。
ここんとこ、個別制御を実装していただきたいもんです。

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

IS04のお話。EZWEBメールについて

意外と(というか予想通りに)メール関係で検索してくる人が多いみたいです。
なので、メール絡みのお話をいくつかしようかと思います。

ヨドバシカメラで買った後に近場の喫茶店で色々いじくっておりまして、
前の携帯からアドレス帳を赤外線を経由して登録しました。
なんかうまい具合にいったかなー? とか思ってたんですけど
人名が「文字化け」してるんですねぇ。

「五十嵐」が「五女注」とかなってるんですよ!?
送信ミスかなとか思ったんですけど、2回目、SDカードから直接リストアしても
文字化けしていたんで、もうこれは仕様の問題かな、と。


あと、メール本文が文字化けしている現象もどうかと思いますが。
そもそもメール本文が記載されていないものもあったりします。

たとえば「ビットワレット」から来たメールですが
HTMLで書かれたものは画像もきちんと表示されていたりするのに、
HTMLではない、ただのテキストメールが何の表示もない。

たとえば「モビオン」のメルマガ。
HTML本文表記なしのメールはパソコンのメーラーではテキスト形式だと本文表示されないのに
IS04上ではきちんとHTML形式で表示されている。
しかし、つい最近来たメールは同じ形式なはずなのに、「すべて文字化け」している。
これ、どうなってんですかね?

恐らく、推測ですが
メールヘッダのContent-Typeが「text/plain; charset="ISO-2022-JP"」に
なっていないからではないかと思います。
「Content-Type: multipart/mixed; boundary="0000000000"」とかだと文字化けするんじゃねーか?
……あくまで推測ね。
あ、ここで言う文字化けは、本文すべてが文字化けしているって事ですから。

うーむ、しかし何も表示されていないメールが届いた原因がわかんないですね。
パソコン側に転送しているんですが、そっちはきちんと表示されています。謎だ。
表示されているメールと表示されていないメール、見比べてみても違いがわからん。うむむ。

■不満点
これについては前回ぐらいに言いましたけど、敢えて、もう一度。
メールボックス開くのに5秒とか待たせるんじゃねぇよ!
メールボックスを常に立ち上げとけって事ですかね。それって。

受信のお知らせがあり、まだメーラーがタスクに起動しておらず、
かつ、メールの振り分けが「Null(空文字?)」に設定されているものが2個以上ある場合、
「Eメール」を起動すると高確率でフリーズすると思います。

(確か、以前はそれで強制終了したような気がする)

あのねぇ、そもそも振り分け設定が「NULL」で登録できるってどういうことよ。
まるでユーザビリィティを考えていない。


ガラケー的スマートフォンって売り込んでるんだから
LISMOとかそういうのはどうだっていいんです、基本的な機能をau独自で作って欲しかった!
と私は声高に言いたいですね。あ、無茶ですか。すみません。


テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

山科

Author:山科
小説書いてます。
浅上女学院の二次創作ですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる