スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケお疲れ様でございました。

先年も無事終えることができました。

コミケ81も無事終えることができ、ほっと一息、といった感じです。
今回はあまり準備もできずに、夏同様のコピー本ではありましたが、
持って行った分はすべて完売いたしました。
いやはや、嬉しい限りです。

前回(C80)と比較しても、売れた部数が若干多かったのに驚きましたけれども、
まだまだこのジャンルも好きな人がいるのだなーと感無量です。

コピー本ですと、あまり一度のイベントには持っていかなかったりするので
次回に持ち越せないのが欠点ではあります。ので、次回こそは
オフセットで、ちゃんと製本したものをご用意できたらなぁ、と思います。


最近の自分の書く小説は「気軽」に書けて、「気軽」に読めるものを目指していました。
重すぎる話よりも、後味のよい、学園のちょっとしたひとコマ
(いうなれば日常ですかね)
を意識しています。

ただ次はもっとガツンとしたものを書きたいものですね。



早いもので浅上女学院の小説(アフターストーリー)を書き始めて
6年目となりました(前回の冬コミでちょうど5年)。

1.浅上女学院八不思議奇譚
2.紅い雨の降るとき
3.雪中閑話
4.この雪が解ける頃まで
5.籠の中の鳥
6.真夏夜中
7.浅女ゴシップ戦争


気が付いたらこんな書いてたんですねー。

今後も読者の皆様の心に響く、読んでよかったと思えるような
作品を目指してがんばって行きたいと思います。

今年も一年、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

夏コミお疲れ様でした

しばらく日が開いてしまい申し訳ございませんー。


こんなサークルに当日足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
おかげで新刊の方、無事に完売いたしました。
ありがとうございます。

当サークルでは蒼月祭で出したマインドアサシンと月姫の同人誌以来のコピー本となりました。
(うーむ、今考えてみれば懐かしいなぁ)
一応今後、何かの機会に再販というか、総集編が出せればなあ、とは思っていますので
今回買えなかった人は、そのときにでも。


コミケ後は全自動月姫リンクの閉鎖を労ってのオフ会でした。
色々な方と話せて楽しいひと時を過ごせました。


その後朝まで秋葉⇒御囲地町でした。飲みすぎた。

浅上女学院の小説のお話

IS04は集中的に更新を繰り返してきましたけど、今日はちょいとお休み。
私の書いている同人のお話でもしましょう。


夏コミまでスパンはあるけれども、物語の推敲は早い段階で始めています。
書きたいネタを探して取り掛からないと途中で筆が止まってしまうためです。

自分の執筆スタイルは全体の全体のストーリーをじっくり練るよりも
どちらかというと「展開」部分の方を先に練るタイプですか。
(もちろん、枠はつくりますけど)
日常的な物語を書いても、展開(起伏とか)がないと平坦なお話になってしまって
後で読んでも面白い話にならないんですよね。
もう一度読みたいと思えるような作品にならないというような。
なので、ストーリーが出来ても展開がうまいこと行かないとそのままお蔵入りなんてことも多々。

大体いつぐらいの浅上女学院を舞台にするかというのは
いくつか候補が上がっているんですが、中々まとまらない。
書き出しのストーリーなんていうものはいくらでも出てくるんですけどね。


しばらく、じっくりゆっくり考えようかと思います。
長い話書きたいしね!

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

遅くなりましたがコミケのお礼

コミケに来てくださった方々、ありがとうございます。

以前当サークルで頒布した総集編をボロボロになるまで読み、
新しく買いに来たという方がいらっしゃいました。
作者冥利に尽きるというものです。本当にありがとうございました。

自分のサークル「日向丘」はTYPE-MOONの「月姫」という作品の二次創作をしておりますが
2006年の冬に小説を書き始め、早いもので4年が経ちました。
月姫の、それも「浅上女学院」の後日談を主軸においている小説が
まさかここまで需要があるとは思いませんでした。

まだしばらくの間は月姫の、浅上女学院を舞台にした小説を書いていきます。


■コミケ79で頒布した「籠の中の鳥」について
 この作品は「浅上女学院八不思議奇譚」よりも前、
 歌月十夜の「待宵閑話」の5ヵ月後を舞台にしています。
 本編では寄宿舎の改修工事しか触れられていませんでしたが、勝手に校舎も新しくなっちゃってます。

 この作品では、小説で「音楽」をどう表現するかを色々と模索しながら書きました。
 後半の「シューベルトピアノ即興曲第3番」(ちなみに作品90の方です)は
 自分はこんな感じに聞こえる…とイメージして書いています。
 聴く人によってはまったく違う印象かもしれませんが。好きな曲なので是非聴いてほしいですね。
 一番初めに買ったクラシックのCDがこれだったので。どこで初めて聞いたのか覚えてませんが。
  
Schubert;4 Impromptus Op90Schubert;4 Impromptus Op90
(1989/10/19)
不明

商品詳細を見る



あ、前使っていたほWebSiteの契約が満了するみたいなので今月まで閲覧できます。
浅上女学院八不思議奇譚(上)
……たぶん初版だね。ちなみに総集編に書いたのは第三版になります。
実は上巻は重版しているんですよ。初版と第二版の両方もっている人がいたら結構凄い。
プロフィール

山科

Author:山科
小説書いてます。
浅上女学院の二次創作ですが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。